直葬・火葬式とは?費用や選ばれるワケ

直葬・火葬式とはの写真

直葬・火葬式とは

直葬とは、近年話題になっているお別れの形です。このタイプの葬儀は宗教的な儀式を必要とせず、主に火葬を行います。過去には、葬儀を行う余裕のない人のために使われてきました。マスコミの報道で広く知られるようになった。火葬式とも呼ばれています。このページでは、費用やメリット・デメリット、直葬を選ぶ理由、直葬のお香典についてご紹介しています。

直葬・火葬式とは?

直葬とは、通夜や告別式を行わず、神父などの宗教的な指導者によるお経の唱和などの宗教的な儀式を省略して行う告別の一種です。通称「初草」や「JI草」と呼ばれています。通夜や告別式がないため、亡くなった方は死後すぐに火葬されることから、火葬式と呼ばれています。あります。同様の葬儀は、一時期は限られた人たちのために行われていましたが、近年では「直葬」と呼ばれるようになり、それに伴って ホットトピック。

葬儀・火葬の費用相場

直葬の費用の目安は15~25万円程度です。葬儀社によっては、直葬プランを用意しているところもあります。直葬の最大の特徴は、他の葬儀社に比べて費用が安いことです。一般的な葬儀の費用は70万円~180万円程度です。家族葬の場合、30~80万円程度の費用がかかります。一日葬の目安は25万円~50万円です。一方、直葬は火葬、遺体の運搬、棺、棺、棺、安置札など最低限の物品やサービスしか必要としないため、15万円~25万円が目安となり、最も費用がかからない埋葬形態となっています。葬儀社によっては、直葬プランという形で定額制のパッケージプランを用意しているところもあります。

葬儀場での直葬・火葬式の流れ

直葬であっても、すぐに火葬することはできません。埋葬しなければなりません。霊安室の中には、面会ができる施設とできない施設があります。直葬には通夜や葬儀は含まれていませんので、故人が亡くなった際には、医師に死亡診断書を発行してもらい、死亡診断書を取得し、火葬許可を得てから火葬する必要があります。法律では死後24時間以内は火葬できないとされているので、直葬を選んだからといって火葬できないわけではありません。すぐに火葬されても困る。病院で亡くなった場合、ご自宅や葬儀場、遺体安置所など、ご遺体を安置できる施設に搬送されます。 そして遺体安置所に置かれます。直葬の手続きは以下の通りです。直葬の手続きは以下の通りです。直葬だからといって、参列者を演出してはいけないというわけではありません。家族を含めて、別れを認めている人はほとんどいません。霊安室施設の中には、見学をお断りしているところもあります。または、面会が可能な場合でも、面会時間が制限されている場合があります。葬儀社を選ぶ際には、必ず事前に確認しておきましょう。

家族葬 渋谷区