直葬・火葬式とは?費用や選ばれるワケ

直葬・火葬のメリット・デメリット

直葬・火葬のメリット・デメリットの写真

直葬・火葬のメリット他の埋葬方法に比べてシンプルで短時間で済むことです。デメリットとしては、故人が亡くなったことを知らない人は、それによって気分を害される可能性があります。直葬や火葬の方が安いのですが、問題点もあります。ここでは、どのようなメリット・デメリットがあるのかを説明していきます。

直葬・火葬のメリット

生前葬のメリットは、安いのはもちろんですが、早く済むというメリットもあります。葬儀に参列する人数は平均6~7人程度で、故人とのお別れは火葬場の前や火葬場内の別室で簡潔に行うため、他の葬儀に比べて時間がかからないのが特徴です。また、一般的な葬儀では、参列者が多くなり、喪主や喪主、喪主の列席者には、正式な挨拶や宗教的な 世話をしなければなりません。 全ての人に 葬儀が終わった後も、香典返しの手配やお世話になった方への挨拶などで忙しくなることもあるでしょう。しばしば。そのため、故人が亡くなってから葬儀が終わるまでバタバタしていることがよくあります。一方、直葬は、家族や親族など限られた人しか参列できない短時間の葬儀なので、宗教者や喪主の心配はありません。

直葬・火葬式のデメリット

葬儀には「遺体処理」「社会的処理」「心理的処理」の3つの役割があります※。葬儀の3つの意味・役割のうち、1つ目の「遺体処理」だけが直葬で行われます。通夜や告別式がなく、司祭もおらず、出席者も最小限で済む直葬は、葬儀の意味や役割の多くを想定していないため、時間と費用を節約することができます。一方、直葬は、過去の葬儀の意味や役割についての第二、第三の社会的・心理的な扱いを欠いているため、新たな問題を生み出している。