直葬・火葬式とは?費用や選ばれるワケ

直葬や火葬を選ぶ人が増えています

直葬や火葬を選ぶ人が増えていますの写真

即日家族葬は、もともとお金が必要な人に選ばれる葬儀でした。しかし、近年では経済的な理由とは関係なく、葬儀自体にお金をかけたくないという意見が出てきています。起こってしまったのです。少子高齢化などの社会構造の変化を背景に、一人暮らしや「身寄りのない人」、「したくない人」が増えています。 自分の葬儀にかかる費用を家族に負担させることで、直葬を希望する人が生前に遺言を残しているのを目の当たりにします。過去に伝統的な葬儀を経験したことがあり、それに不満を感じて直葬を選択するケースもあります。直葬や火葬を行うには、葬儀社に依頼しなければならないのでしょうか?直葬や火葬は、通常の葬儀に比べて費用が抑えられます。祭壇などの装飾が不要なため、葬儀社の手を借りずに行うことができます。これは良さそうですね。一部の人にとっては、それがさらなるコスト削減のための方法のように見えるかもしれません。しかし、実際には直葬であっても、死亡場所から故人を運び、棺を囲み、棺に故人を入れ、死亡診断書と火葬許可証を取得し、火葬する必要があります。これらの作業を成功させるためには、葬儀社に依頼する必要がありますし、ある程度の資金も必要になります。

直葬を補う新サービスとしてのお別れの会

直葬を選択し、葬儀に参列してから故人に敬意を払うことができなかったことを後悔したり、自分の思い通りに葬儀に参列できなかったことを後悔する遺族も少なくありません。遺族などによる故人の思い出不足に対応するため、直葬である「お別れの会」というサービスを新たに導入 デメリットが一つ。

送別会とは?

葬儀のような凝った段取りやプロトコルとは異なり、「故人の供養」は、故人や家族の意向を汲み、故人が どのような人が構成されているのか。また、葬儀の四十九日目や一周忌に行われることが多く、遺族が気持ちの整理をしているときに行われるため、時間的にも余裕があるのも大きなメリットです。

送別会の起源

1994年に東京のオークラホテル(東京都港区)で開催された「死者のお別れの会」から始まったと言われています。があります。 当初は会社役員や芸能人などが持つものとして普及していましたが、2010年頃には お別れの会」をプロデュースする葬儀社や会社は、全国各地で見かけるようになり、当たり前のようになってきました。