直葬・火葬式とは?費用や選ばれるワケ

葬儀の意味と役割

葬儀の意味と役割の写真

遺体を処分する

遺体を手放すのではなく、適切な期間内に処分し、火葬や埋葬など物理的に処分することです。

社会的な処分

親戚や近所の人、会社の人など、故人の死を地域社会に知らせることです。また、地域から故人を排除するための死亡届の提出などの行政手続きも含まれています。

心理学的な治療

家族、親族、友人、知人など、故人に深く関わった人たちが故人の死を「受け入れる」こと。つまり、葬儀の儀式を確立することで、故人は「もうこの世にはいない」という現実を受け入れます。感情的な別れです。*葬儀の意味や機能については、上記の3つ以外にも、4つある葬儀に宗教的な意味を加えたり、社会的な意味を5つの意味や機能に細分化したりと諸説あります。

葬儀の直販で考えられる問題点

ソーシャルハンドリングの悩み

直葬の後、故人の友人や知人、葬儀に招かれなかった親族が故人の死を知って動揺したり、葬儀に参列できなかった人がお別れをしたい、お世話になったから香典をあげたいなどの弔問客が来ることもあります。費用や時間、参列者への対応の手間を省くために直葬を選択しますが、ますます対応が難しくなってきています。

心理処理に関する問題点

参列者や宗教者を気にせずに故人の死と向き合うために直葬を選択したとしても、遺体を分解する時間の制約から、詳細を十分に検討することが難しく、十分に故人と向き合う時間がないまま葬儀を急ぐケースがほとんどです。そのため、ようやく死と向き合う時間ができて葬儀を思い出すと、多くの人が罪悪感や後悔を感じ、直葬で本当にいいのだろうかと考えてしまいます。また、事前に葬儀社との打ち合わせをせず、親族の前で葬儀にふさわしい服装で私服で火葬場に行ったために、遺族に恥をかかせてしまったという事例もあります。シンプルなものでも、大切なお別れの儀式です。後々のトラブルを避けるためにも、特に葬儀社との打ち合わせは事前に準備しておきましょう。することをお勧めします。直葬・火葬サービスの場合、インセンティブは以下のようになります。葬儀に直接参加できる方は限られています。そのため、故人に香典返しをする必要がないと考える人もいるでしょう。しかし、火葬だけであってもお香典を持参する人もいます。事前に香典の贈答品を用意しておく必要があります。直葬なので香典を受け取らない場合もあります。この場合は、事前に弔辞を辞退する旨を伝えておきましょう。ただし、喪主が後から来ることが事前にわかっている場合は、供養などがあるかもしれませんので、返礼品を用意しておくと良いでしょう。金額などがわからない場合は、葬儀社に確認しましょう。